スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしき?長野 その2(お盆編)
注)2010年の記事です

おはようございます。

久しぶりの2連休で休みを満喫しております。

昨日は早朝から富士山で鳥撮り(その模様はまた後日書きます)
今日は田園巡りでもしようかと思いましたが、たまにはゆっくりでもしようかと鳥見は無しです。

ですので本日は我が家のアイドル「ぽー」「いくら」を放鳥しながら長野編の続きを書きたいと思います。

いよいよ高山へ!

そこは標高2700mm

鳥達は囀り、高山植物が生い茂り、眼下には雲海が広がる別世界でした!

となるはずだったのですが・・・

前日の雨のおかげで霧が発生し、数メート先も見えない最悪の状態でした。

山荘の方もこんなに視界が悪いの珍しいと・・・

しかし、ライチョウは霧が出ている時が出会いのチャンスとのことでしたので、ほとんど誰も出歩かない中ちょっと散策してみました。

イワヒバリの囀りはしきりに聞こえるが姿はまったく見えず、唯一写真に撮れたのがこれ

「イワヒバリ」129種類
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

最悪です 果たしてこれは見たと言えるのでしょうか・・・

そしてさらに最悪な事態が・・・

なんと熊があちらこちらに出没、外出禁止になりわずか30分足らずで下山する羽目に!!

なんてこった、この日を楽しみに仕事を頑張ってきたのに

と、残念な結果になってしまいました。


これだけでは、寂しいので去年5月に行った小笠原で撮った「オガサワラノスリ」と今春勉強会で訪れた軽井沢でみつけた「イワツバメ」も紹介します。


「オガサワラノスリ」130種類目
小笠原諸島にしか生息しておらず、個体数も数十羽しかいないためレッドリストに記載されている鳥です。
小笠原諸島には猛禽類はこの子しかいないため飛んでいればすぐに見つけることが出来ます。
残念なことに、この時は野鳥に興味を持っておらず写真がこれしかありませんでした・・・
カメラもコンデジです


「イワツバメ」131種類目
今年の6月に毎年軽井沢で行われている勉強会に参加したときに見つけました。
数十羽が飛びまわり子育て・巣作りに勤しんでいました。
これまたコンデジでの撮影となり・残念
スーツ姿でツバメを撮る怪しいやつになっていました
ヒナが中にいました。

これから巣作りをするそうです

スズメがヒナにちょっかいを出しにきてました

これは葛西で撮ったイワツバメ
距離が遠くてこんな感じ

デジスコTSN-774+EXILIM FC150


おまけ
小笠原の写真
「ザトウクジラ」

ボニンブルー

シーカヤックでしかいけない「ジニービーチ」


あ~ 小笠原に移住したい
スポンサーサイト
春ですね~
注)2010年4月の記事です

昨日は仕事が夕方からだったため、午前中は近くの公園に行って鳥見をしきました。

目当ては「ツバメ」でした。

しかし、早起きしたにも関わらず、ツバメはいませんでした・・・

普段はあちこちで飛んでいるのになんで?

仕方ないので、川に接している藪周辺をあるいていると、いたるところから「ウグイス」や「コジュケイ」の囀りが聞こえてきます。

以前にも書きましたが、「ウグイス」は囀りはよく聞くが、姿を見たことのある人は少ない鳥です。

色もウグイス色(メジロの色)ではなくただの緑茶色で、基本姿を見せてくれません。

昨日も声を頼りに探してみるもなかなか見つけられません。

ウグイスの囀りはほんと大音量で、すぐ目の前で鳴いていると思っても、実際にはかなり遠くで囀っていることが多いです。

1時間ほど気配を殺しながらブラブラしているとウグイスが見晴らしの良い場所に出てきてくれました。 

「ウグイス雄」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
距離はかなりありましたが、滅多にないチャンスなのでパシャリ


さてここからは「ホーホケキョ」と囀っている瞬間の写真です。
全身を使って囀っていました。この腹式呼吸は凄いですね。小さな体からあんな大きくて綺麗な声が出る理由が分かりました。



この囀りを一日千回も繰り返すと言われているそうです。
ほんとこの子達野生の力には驚かされます。

しかも絶えずちょこまかと動いていました。
途中で、ナメクジみたいな虫を見つけてお食事

その後は疲れたのか、枝に体を下ろしこの体勢のまま囀っていました。


そして、ウグイスの「踏ん張りバード」写真です



そうこうしてるうちにウグイスにの囀りにも負けないくらい大きくて綺麗な声が響き渡ったので、ついに夏鳥が来たのかと胸が躍り、声を頼りに探しました。

そしてそして、ついに見つけました!

やったっぜ、「ガビチョウ」ゲットだぜ~!!
・・・「ガビチョウ」は外来種として問題になっている鳥です。
野鳥としても認められていません・・・
まさか、こんな綺麗な声で鳴くなんて・・・
ひとつ勉強になりました。
国が認めていまいが、野生で立派に生きていますけど?なにか?

この扁平な嘴がヒトをおちょくっているようですが、この子も必死で生きています。
冬の長野で鳥見(イスカを求めて)3
こんばんは

コウノトリの続きです。

しばらく観察していると、寝床に飛んでいきました。

「コウノトリ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO×1.4



Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM





他にはコガモとハシビロガモが」いました。
「ハシビロガモ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO×1.4

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


かわいいおしりです。


イスカやオオマシコは見られませんでしたが、満足のいく鳥見になりました。

この後、温泉に入り、相方の実家でのんびり年越しをしました。
北海道で鳥見旅行(5日目)②
朱鞠内湖を出発し、向かうは大雪山旭岳!

ロープウェイにのってギンザンマシコを見に行くのです。

到着したのは10時頃、ロープウェイ乗り場の駐車場に到着したのですが、車が1台しか止まっていません。

しかし、観光バスが止まっていましたのでみなさんはバスで来るのかと思い、取りあえずチケットを買いに行きます。

が、入り口に何やら立て看板が・・・

「現在、強風のためロープウェイは運転見合わせております」

なに~ 確かに風が強いなとは思っていまたが。

運航のめどは立っているのか確認するが、本日は無理でしょうとのこと。


確かに山の上は風が強くよく運休するのかなとも思い、聞いてみると、

「運休することはほとんどありません、かなり珍しいです。」

なんて運の悪い・・・

ま、こうなっては仕方がありません。

ギンザンマシコは明日の早朝に見に行けばいいのです。

ですので、せっかくですから、旭山動物園にでも行ってみることにしました。

「皇帝ペンギン」




「オオワシ」


2時間ほど滞在し、本日の宿泊先である

湯元 湧駒荘にチェックインです。

ここは、ロープウェイ乗り場のすぐ近くにあり、料理がおいしいと評判の温泉宿です。

ちなみに

夕食は












美味い! でもおなか一杯です。

あとはゆっくり温泉に入ってゴロゴロ就寝です。

翌朝の朝食はキャンセルして始発のロープウェイで旭岳へ向かいます。

時間はお昼まで、それまでにギンザンマシコは見つかるのでしょうか?

続く。
なんということでしょう~
こんにちは

お昼休みです。

なんと家のPCが壊れてしまいました・・・

まだ紹介していない鳥たちがいたのに・・・

また、出会えるかなぁ

去年の途中までは外付けHDにバックアップしていたのですが残念です。

ですので、ブログの更新も出来ません!!

しばらくお休みします。

今週の日曜日は3週間ぶりに鳥見にいけそうです。

それまで頑張るぞ!!


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。