スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田園巡り2
注)2010年の記事です

こんばんわ

先週は相方の実家である長野に帰ってました。

鳥見にも行ったのですが残念な結果になってしまいました。(近いうち長野の話も書きたいと思います)

今日は昨日今日と行った田園での鳥見について書きたいと思います。

私達の職場は土曜日は15時に仕事が終わるのでそれから2時間ほど鳥見に行きました。(週休2日にならないもんですかね・・・)

今日は相方が日直でしたので、職場に送ったあとに30分程私だけ(ごめんよ)鳥見に行ってしまいました。

2週間ほど前に行った鳥見では「タマシギ」「ケリ」を見つけることができませんでしたので、今回も田園巡りです。

どうやら「タマシギ」はもういないみたいですが、

昨日はシギ・チドリと出会うことが出来ました。

そしてそして今日は念願の「ケリ」に出会うことが出来ました!!

さらに、またまた「ホシゴイ」とも出会えたので本日の成果から書きたいと思います。

相方を職場に送ってからそのままタマシギポイントへ

時刻は8時ちょっとすぎです。すでに厳しい暑さでした・・・

とりあえず田園のなかを歩きます。

そこで出会ったのがこの御方

「バン」
普段は公園の池で見かける鳥なので、こういうところで見かけると不思議な感じです。
雛もいたのですが、警戒心が強くすぐに稲の中へ隠れてしまいました。
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


その後昨日と同じシギチを撮り、あまりの暑さに20分でダウン。

「ケリ」ポイントもどこだかわからないので諦めて帰ることにしたのですが、車で走ること数分。

2人のバーダーが田園の中で何かを撮っているのを見つけ、ちょっとだけご一緒させてもらいました。

カメラの先をみるとハトやカモメみたいな大きさの鳥が20羽ほど水田にたたずんでいました。

こんなところにもカモメ類が来るんだとビックリしながらレンズを覗くと赤いお目目の「ケリ」でした。

まさか「ケリ」がこんなにも大きな鳥だとは思っても見ませんでした・・・

いつも皆さんのお写真でしか見たことがなかったので、ムクドリより少し大きいくらいかなと勝手に想像していました。

大抵は畑にいるみたいですが、3日前くらいから水浴びをするために水田に来るようになったとのことでした。

念願の「ケリ」125種類目
チドリ科の鳥で、赤い目と黄色い足をしています。
幼羽は目が暗色で足の色彩も鮮やかではないそうです。
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

左にいるのが成鳥、右にいるのが幼羽みたいです。

この時は水浴びをしてくれませんでしたが、ムクドリにちょっかいを出されて飛び立ったので飛翔を撮ることが出来ました。




10分ほどで切り上げて、帰ろうとしたらゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)が真上に飛んできました。

「ゴイサギ・ホシゴイ」
この子は目がまだ黄色いままでした。
あと数年で成鳥かな?
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM




それから、昨日もゴイサギの飛翔を撮ったのですが、3羽で仲良く飛んでいました。
そのうちの1羽(左下)は幼羽から成鳥になる途中だと思われました。
目は赤くなっていますが、首の縞模様と、羽根上部にまだ白い星模様があります。


なかなかじっくり鳥見ができませんが、充実した日になりました。

またしばらく鳥見はお休みです。


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
バードアイランド三宅島⑮(ホシゴイ)
やっと新しい子達を載せることが出来ました。

ここからは新しい子ではありませんが三宅島で出会った子です


「ゴイサギ・ホシゴイ」
雨が降るなか水たまりで佇んでいました。
最初は景色と同化して石ころかなにかだと思いました。

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM




デジスコTSN-774+EXILIM FC150



いつも飛んでる姿しか見たことがありませんでしたが、こんなにも綺麗なんですね。
田園めぐり
こんばんわ

2週間ぶりの更新になります。

この2週間はなかなか忙しく鳥見に行くことができませんでした。

その間に「キョクアジサシ」という大変珍しい鳥が近場に飛来していたのですが、残念ながら見に行くことが出来ませんでした・・・

早く30年経って定年にならないかなと思いつつの鳥見が続きます。

んで、今日は待ちに待った休日です!

キョクアジサシはいないので、田園巡りでもしようかと朝4時半起床(休日にこんなに早く起きるのは拷問に近い)!

目当ては「タマシギ」「ケリ」「ゴイサギ」です。

毎年タマシギが見られる所があるらしく、詳しい場所はわからないのでいつものように、とりあえず行ってみることに。

5時半過ぎに目的の場所に到着。

周りは田園風景が広がります。

こんななかからタマシギポイントを探すのは無理じゃないかと、半ば諦めムードで車を走らせていると、遠くに車から三脚らしき物体を下ろしているご夫婦の姿を発見!!

車をその方達の後ろにつけ、ご挨拶。

何を狙っているのかと尋ねると、この辺が「タマシギポイント」とのこと!

辺りを見渡すと農道に数人のバーダーさん達がいました。

やった~!! よくぞ適当に走り回って見つけたものだと自分達の幸運に感謝です。

しかもこのご夫婦がタマシギの様子を聞いてきて下さり(人見知りの激しい私達なのでとてもありがたかったです)これまた感謝です。

どうやら、休耕田の草が刈り取られ、営巣してるかは不明だが一日に数回は姿を見せるとのことでした。

期待に胸を膨らませいざ行かん。

皆さんに挨拶をし、邪魔にならないよう後ろの方にデジスコをセッティングすると、もっと前に来て平気だよと、みなさんの間に入れさせて頂きました!

どこぞの公園と違ってみなさんいい人でした。

あとはタマシギタマちゃんを待つのみ。

話を聞くと昨日は1日待って姿を現したのは1回だけだったみたいです。

本日の鳥見は「ぽー」「いくら」のお世話があるのでタイムリミットは9時半です。

待っている間に、バーダーさんの車が田んぼの側溝に脱輪し、男全員力を合わせ脱出させるというハプニングがありましたが、その出来事ですこしみなさんと打ち解けることが出来ました。

結局3時間半粘ってもタマシギを見ることは出来ませんでしたが、「ゴイサギ」が何度か飛んいる姿を見ることができ、なかなか充実した鳥見になりました。


「ゴイサギ」122種類目
曇り空で、かつ遠かったのですが初見初鳥です。
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


「ゴイサギ若鳥(ホシゴイ)」



これだけでは寂しいので、7月上旬に撮った「アマサギ」と「チュウサギ」も載せちゃいます。

これまた初見初鳥

「アマサギ」123種類目
かなり警戒心が強く車内からの撮影になりました。
かなり遠くからの撮影にも関わらず、車を降りたらすぐに飛び去ってしまいました。
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


「チュウサギ」124種類目
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

デジスコTSN-774+EXILIM FC150


来週末には相方の実家である長野にお墓参りにいきますので、タマシギはしばらくお預けになりそうです。

あ、おまけにもう一つ。
タマシギポイントに舞い降りたムクドリ


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。