スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄鳥見三昧その2(亜種だって)
注)2010年の記事です

こんにちは

さて今日もはりきって書きましょう。

リュウキュウヒヨドリと出会ってから、沖縄名物ソーキソバを蝶類園(蝶のテーマパークなのにほとんど鳥ばかり探してました・・・)のお店のテラスで食べていると遠くの方にカラスとキジバトが一羽飛んできました。

もしかしたら本土と違いがあるのかもと思い撮影。

調べてみると、両方亜種であることが分かりました。

「リュウキュウハシブトガラス」135種類目
奄美列島および沖縄諸島に生息、ちなみに沖縄にはハシボソガラスはいないみたいです。
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM



「リュウキュウキジバト」136種類目
どうやら本土のものより少し色が黒っぽいそうです。
よく違いが分かりません
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM



ソバを食べ終わり少し園内を散策
林の中にチョロチョロ動く鳥を発見、メジロちゃんこの子も亜種です。
かなり警戒心が高く、撮れたのはこれ一枚でした。

「リュウキュウメジロ」137種類目
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


なんだか亜種ばかりでしたが、前回載せたリュウキュウヒヨドリは違いがはっきりしておりとても面白かったです。

メジロなどは亜種が7種?あり外見上は非常に似ているが、違う地域の亜種が持ち込まれると両者間の交雑が起き、遺伝的多様性が変わってしまうなどという問題もあるらしいです。

なかなかいい勉強になりました。

次回は沖縄本島北部国頭村周辺での出会いに移ります。
スポンサーサイト


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。