スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ
続けて投稿です。

ミミカイツブリを見た後に出会った子です。


「コウライアイサ」

以前出会った時は、夕方で距離もかなりありましたので写真はとんでもないことになっていました。

そこで、また出会える機会がありましたのでリベンジです。

EOS 7D+EF400mm F4 DO

・・・前回よりは近いですが 遠すぎました。
トリミングしてやっとここれです。

デジスコTSN-774+EXILIM FC150


なんとか鱗模様が確認できます。 よかったよかた!
スポンサーサイト
コウライアイサとヒトの欲望
こんばんは

昨日、今ちょっとした話題になっているコウライアイサを見に行ってきました。

そこで目にした、バーダーの行動に腹立たしさと悲しさを感じました。

コウライアイサとカワアイサは公園にいるカモ達と違い、非常に警戒心が高く、ヒトを警戒しています。(野生ですからあたりまえです)

ですので、私達は彼らを驚かせないように遠くから観察するべきだと思います。

ですのでその場にいた多くのバーダーはデジスコ、フィールドスコープを用いて対岸から観察し、楽しんでいたのですが、コウライアイサ側の河原にいたデジ一を担いだ心ない2人組のバーダーがどんどん近づいていきました。

もちろんコウライアイサ達は警戒し少しづつ移動します。

そうするとその2人組はさらに近づき彼らを脅かします。

対岸にいる私達は注意もできず、みんなで憤りを感じることしかできませんでした。

その後も逃げるコウライアイサ達にどんどん近づき結局3羽とも下流へ飛び立ってしまいました。

デジ一で綺麗に撮りたいと思うのは仕方のないことですが、限度というものがあります。


そのような己の欲望に負ける輩がいるから、バーダーの品位を落とすのです。

近づきたいのなら、せめて草むらに隠れながらとか、しゃがみながらゆっくり、ということが必要です。そして鳥達が警戒し始めたらそこでやめるべきです。

あくまで鳥主体ということを考えて頂きたいものです。

自分はそうならない様に気を付けたいと思います。


どちらも証拠写真ですが、出会えただけで嬉しいですね。

「コウライアイサ」159種類目
デジスコTSN-774+EXILIM FC150


「カワアイサ」160種類目
デジスコTSN-774+EXILIM FC150



私のデジ一ではトリミングしてこの程度
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
左がカワアイサ
右がコウライアイサ

コウライアイサ




いつも応援ありがとうございます!

ランキングに参加してますので
ポチっとクリックして頂けたら嬉しいです。
  ↓
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。