スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バードアイランド三宅島④(カラスバト)
おはようございます。

三宅島散策の続きです。

大路池に着いたものの湖畔道が立ち入り禁止となっていたため、がっかりしながら急な階段を引き返すことにしました。

帰り道にまたヤマガラ親子でも探そうかとキョロキョロしていると、比較的近くで「ウっウウ~ッ」と聞きなれない声が!

これが噂に聞いていた「カラスバト」の鳴声? とドキドキ。

鳴声は沢山聞こえるけど姿を見ることは難しいと言わるカラスバト。それだからこそ一番見たかった鳥でもあります。

こんな森の中じゃどこにいるのか分からないねと今後に期待を膨らませていると、鳴声がした方からスーっと一羽のハトが私達の方へきました。しかもちょうど木々の間から見える位置に。

急いでカメラ越しで確認するとなんと「カラスバト」ではありませんか!

とにかくそのままシャッターを切りました。

木に止まっていた時間は5秒程度ですぐに飛んでいきました。

少し先を歩いていた相方も双眼鏡でばっちり見えたそうで良かった!!

まさかこんなに早く見ることが出来るとは思っておらず大興奮してしまいました。


「カラスバト」203種類目
国指定天然記念物 準絶滅危惧
印象として頭が小さくて、凄く綺麗なハト
首から肩にかけての何とも言えない光沢のある色が綺麗でした。
そして小さな真ん丸な目

撮れた数枚のうちの2枚です
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM



驚くことにカラスバトとの出会いはこれだけではありませんでした。

2日目、3日目と嵐のため鳥見はほぼ断念したのですが、最終日の午前中にまた大路池に行ったのです。

今度は違う道から湖畔に向かいました。

カラスバトの鳴声が聞こえてくる方へ歩いて行くと、大きな大きな木があるちょっと開けた場所にでたのです。

足も疲れたので、そこで休憩していると、あちこちから「カラスバト」の鳴声がしてきました。

どうやら近くに何羽もいるようです。

辺りを見渡すも姿はみえないため、息を殺してじっと待つことに。

すると1羽が「トゥルルルルル~」と求愛飛行をしながら森から飛び出し大きな大きな木にとまりました。

その後も数羽が求愛飛行を繰り返し近くの木に止まってくれました。

こんなに近くで沢山出会えるとはほんと幸運なことです。

しかも、初日のときもこのときも誰もいませんでしたので、ゆっくり観察することが出来ました。

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
凄く近くに来てくれました。

違う子


今の時期がバードウォッチングに最適だと聞いていましたが、三宅島ではほとんど他を見かけませんでした。

初日にアカコッコ館に行った時は「ワイバード」のご一行が水飲み場に来ていましたが、その日の午後に帰ったみたいで、2日目、3日目は誰とも会わず。

最終日は外国からこられた集団に出会いましたが、それ以外はほとんど出会いませんでした。

人混みが苦手な私達にはとてもありがたい旅行になりました。

次はアカコッコ館周辺での鳥見になります。

スポンサーサイト


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。