スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美の野鳥5
ガイドさんが迎えに来ていざ8時間バードウォッチングにレッツラゴー

あ、ちなみに天気は雨です・・・

1週間晴れるという予報はなんだったのでしょうか?

今回も車内からの観察および撮影になりました。

まずはどこに行きたいか、何を探しに行きたいかを決めるのですが、「ミフウズラ」、「ヒクイナ」、「ルリカケス」をみたいこと、アカハラダカの渡りのポイントを教えてほしいことを伝え、後はお任せにしてみました。

雨が降っているのであまり鳥の出は良くないらしいが、その代り渡りを行わないアカハラダカが木で休憩しているのを見つけられるかもしれないとのことでした。

7時半に出発し、まずはミフウズラが生息しているというサトウキビ畑へ!

しかし、最近サシバが渡ってきたため、猛禽を恐れるミフウズラはこの時期なかなか見られないとのことでした。

この時期のメインはアカハラダカの渡りですので仕方がありません。

それでも一応探しにいきました。

畑へ行く途中でルリカケスの群れに遭遇しました。 飛んでる姿などは良く見かけるのですが、思った以上に警戒心が高く近くで見ることができません。

ガイドさん達も写真を撮るときは、ルリカケスが好む木の実などがなっている場所で隠れてずっと待つそうです。

「ルリカケス」233種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO
雨も降っていますし、遠いので綺麗な色が写せませんでした。残念




EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


ルリカケスの群れに別れを告げ、サトウキビ畑へ!

奄美の野鳥6 へ続く
スポンサーサイト
奄美の野鳥3
ゆっくり「アマミヤマシギ」を観察した後は、他の動物を探します。

比較的出てくれたのが、ハナサキガエルというカエルです。他にはオットンガエルといった大きなカエルなど

私達はカエルも好きですので鳥が出なくても楽しめました。

アマミヤマシギは沢山出会えたのですが、鳥の出が悪くその後全く見ることができないまま時間となってしまいました。

しかし、帰り道でもガイドさんは必死に鳥を探してくれました。

電線にとまって寝ていたのは

「リュウキュウキジバト」
EOS 7D+EF400mm F4 DO


リュウキュウキジバトの姿は良く見かけたのですが、最後の最後に出会えたのが

「ルリカケス」231種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO


すごい綺麗な色をしていました。

帰り間際の出会いででした!

ガイドさんと別れ宿に着いたのは24時近くになっていました。

初日からハードに飛ばしました。

2日目は7時30分から「8時間バードウォッチング」です。


奄美の野鳥4へ続く


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。