スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美の野鳥22
鷹柱の次は

1羽1羽写した写真の紹介です。

渡りの最中に何羽かは私達の頭上を飛んでくれましたので写すことが出来ました。


「アカハラダカ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO







雄の成鳥の綺麗な飛翔はとれませんでしたが、近くにきてくれて感激です。

結局、沖縄方面に台風が接近していることもあり、あまり多くのタカは渡りませんでした。

この日はパラパラ渡っていく子達も含めて200~300羽程度だったと思います。

渡りを見ていると、成鳥はすぐに風をつかみ、羽ばたきもせずどんどん上昇しているのに対して、幼鳥は羽ばたきの回数がとても多く、上昇するのにも一苦労でした。

幼鳥が無事に渡れる確率は少ないそうですが、どの子も無事に行きぬいて欲しいと心から思いました。


今回の旅行はアカハラダカの渡りが目的でしたので、数は少ないけれど観察機会に恵まれたことに感謝です。

そして、暖かい日差しの中、大自然に囲まれながらお弁当を食べ、のんびり空を見上げるだなんて贅沢な時間を過ごせたことにも感謝です。


奄美大島の野鳥23
スポンサーサイト
奄美の野鳥21
こんばんは

4日目は終日フリーですので、ホテルの方が作ってくれたお弁当を持って、朝からアカハラダカの観察ポイントに移動です。

細ーい林道をレンタカーのマーチでずんずん登ります。

奄美大島のアカハラダカは7:00~10:00くらいの間で渡りを行いますので。

7:00に現地に到着 まだだれもいません。

コンクリートでできた斜面の一番上まで登り、お弁当を食べながらのんびり待ちました。

風は少し強いですが数日間雨だったため、晴れたこの日は期待大です。

お弁当を食べ終わり空を眺めていると、1羽のアカハラダカが山々から飛び出しました。

それに続けとばかりにさらに2羽が加わりいよいよ渡りの始まりかと期待しましたがなぜかやめてしまいました。

何でだろうね? などと話していましたが、左側の空を眺めるといつの間にかに十数羽のアカハラダカがグルグル旋回していました。

いつのまに集まったのか・・・

そうこうしているうちにどんどん集まりこの時は100羽程の群れになり南の空へ消えていきました。

「アカハラダカ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO



EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


その後8:00頃になると地元の方が1人こられ、バードウォッチングツアーのガイドさんも加わり4人での観察になりました。

奄美大島の野鳥22
奄美の野鳥6
サトウキビ畑へ着いたものの、雨が強く窓を開けられない状態でした。

しかも、ミフウズラはもちろん全くと言ってもいいほど鳥の姿が見つかりません。

仕方がないので、木々が生い茂る山の中を走りながらアカハラダカを探すことに。

事前にネットで調べていたのですが、木にとまっているアカハラダカを見つけるのは相当困難みたいです。

渡りの途中である彼らはとても警戒心が強く、車だろうが少しでも近づこうものなら一瞬にして飛び去るらしいです。

ガイドさんも同じことを言っており、アカハラダカより先にこちらが見つけないと厳しいとのこと。

しかし、雨が降っており渡りをしないので、数百羽~千羽のアカハラダカが島内に留まっており見られる可能性はあるとのこと。

しばらく探すも、見かけるのはリュウキュウキジバトくらい。

そして運よく見つけてもこちらが姿を確認できるのは飛び去る後姿だけ・・・

ほんとに警戒心が高いです。

ほとんど諦めてぼーっと景色を見つめている時間が増えたころ、車が急停止しました。

ガイドさん「アカハラダカの雄がいますよ!」

必死で探すも見つからず、詳しく場所を聞くと私達が思っている以上に遠い木々の間にいました。

こんだけ離れていないと成鳥はみることが厳しいということなのでしょう。

こんな森の中にいる、肉眼では豆粒より小さい鳥を運転しながら探し出すなんて神業としかいいようがありません。雨も降って視界も悪いのに。


「アカハラダカ」雄234種類目

EOS 7D+EF400mm F4 DO



EOS kissx2+EF70-300mm F4-5.6L IS USM



その後カーブを曲がった先に雌を見ることも出来ました。
こちらはすぐに飛んでしまったので、フロントガラス越しの撮影になりました。

「アカハラダカ」雌

EOS 7D+EF400mm F4 DO



見られるとは思っていなかった木に止まっているアカハラダカを観察でき大満足でした。

次はヒクイナを探しに田園地帯に向かってもらうことに。


奄美の野鳥7 へ続く


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。