スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美の野鳥9
なかなか鳥が見つからないまま、車はゆっくり水田沿いを進みます。

どうやら、今年はヒクイナを見かけたり声を聞いたという方はいないそうなのです。

もしかしたら今はいないのかもしれません。

それでもなにかいないかと必死で目を凝らすと、茶色い筒みたいなものが見えましたので一応双眼鏡で確認すると、鳥のようなのでガイドさんにも確認して頂くと「リュウキュウヨシゴイ」とのこと。

石垣島では、写真に撮る前に飛ばれてしまった苦い思い出のある鳥ですので、遠いですが一応写真に撮りました。

「リュウキュウヨシゴイ」237種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO

その後、私達に見られているのに気づいたのか、首をのばし擬態してしまいました。

なんだか、面白いですが、鳥にとっては見つかるまいと緊張しているのでしょう。
ストレスを与えては可哀想だと思いその場を離れました。

それから少し離れた水田にいくと、ちょうど狩りをしている子を見つけました。
カエルに夢中で全然逃げません。
EOS 7D+EF400mm F4 DO


カエルは必死に鳴いて暴れていました・・・ 自然の摂理なのですがなんだかモヤモヤしてしまいます。

ふ~ 満腹です。


結局ヒクイナは見つけられず水田を後にし、後はアカハラダカの渡り観察ポイントを教えてもらうことに。


奄美の野鳥10 へ続く
スポンサーサイト


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。