スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道で鳥見旅行(5日目)①
ここ朱鞠内湖は自然にできた湖ではなく、人が作った人工湖なのです。

人が作ったとは思えないほど大きいです。全貌を望むことができません。

そのため、亡くなったかたも多く、畔に大きな慰霊碑がたっていました。

なんだそんなこともあって、夜は少し寝つきが悪く、浅い眠りとなってしまいました。

早朝5時

すでにアオバトがア~オア~オと泣いています。 アオバトを知らない人はかなり不気味に思うでしょう。

さてヤマゲラを探しに出発です。

時間は2時間です。

畔をゆっくり周りますが見つかりません。

聞いた話では、ヤマゲラはじっとしていることが多く、死んでいるように動かないこともしばしば。他のキツツキと違い、幹に垂直に止まるのではなく、枝や地面に水平になっていることが多いとも言っていました。

それなら、いそうなところに目星をつけてじっくりと一枝一枝探すことに。

すると、すぐ近くにいました!

確かにじっとしていました。 しかも枝に水平に・・・

「ヤマゲラ」262種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO




少し場所を変えたいと、車からおりてキャンプ場の炊事場へ移動しました。
ここなら順光ですし、炊事場の陰に隠れられるためヤマゲラに警戒心を与えないかと。

移動してすぐにヤマゲラが隣の木に飛び移りました。

幹にいる姿が見られると写真を撮っているとなんと巣穴がありました。

どうやら子育て中だったみたいです。そんなこととは知らずにごめんよ。

雛もまだ小さく、ご飯をせっせとあげていました。
EOS 7D+EF400mm F4 DO





今動くと、驚かせてしまうので、飛び去るのを待っていると、ご飯を与えた後巣穴に入っていきました。

今がチャンスと、そそくさとその場を離れ退散しました。

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM








一応、受付の方に、今回の状況を知らせると、まだ誰もその巣穴は把握していなかったとのこと。
キャンプ場ですので人が近づきすぎないようにしないととおっしゃっていました。
元気に巣だってね。

周辺では鳥以外にも

「エゾユキウサギ」


見ることができて感激です。


朝食を食べて、次の行先は、大雪山旭岳!

ロープウェイにのってギンザンマシコを見に行きます。

が、これまた予想外の出来事が・・・(悪い方です)

続く
スポンサーサイト


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。