スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ黒でも・・・
今週末も鳥見には行けそうにありませんので、在庫から!

今回は、国の宝である天然記念物に指定されています「コクガン」です。

昔は東京にも編隊を組んでやって来たみたいですが、最近ではめっきり少なくなってしまったようです。

正直最近までその存在を知りませんでした・・・ 天然記念物なのに!

2月に「コクガン」の情報を聞いてから、なかなか見に行けずやっと先週(魅惑の6連休中)行くことが出来ました。 しかし時間があまりなく、1時間だけの限定見物となりました。

お昼頃現地の堤防につくと、バーダーも鳥もみなさんお昼タイムでした。

お目当ての「コクガン」もはるか遠くで海藻をムシャムシャ!!

肉眼ですと黒い豆粒のようです。

全然近寄ってくる気配がありませんでしたが、時間がないのでとりあえず写真を撮りました。

「コクガン」
黒い体、喉に白斑が特徴です。
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
遠いので大トリミングしてあります。



デジスコTSN-774+EXILIM FC150
さすがデジスコ、大きく撮れます。
しかし、遠すぎると、ピントも色合いも厳しいものになります。
海藻をムシャムシャ



「コクガン」は初めてなのですが、どこかで見たことあると気がしていました。
その理由は、
「シジュウカラガン」という鳥でした。去年10月に知床旅行に行ったときの写真に写っていました。以前にも載せましたが、比較のためにもう一度
「シジュウカラガン」
EOS Kiss×2 EF-S55-250mm


似ています。白斑の位置などが違うようです。
う~ん 奥が深い・・・


ここからは、同じ黒い鳥「カラス」の紹介です。
こんなにも身近な鳥ですのにまだ紹介していませんでした。ごめんよ
「カラス」も野鳥なのです。
しかも私達が普段「カラス」と呼んでいるのにも、2種類いるのです。
野鳥に興味のない方は案外知らないかも知れません。私もそうでしたし

一言で言うと
嘴が細い「ハシボソガラス」と嘴が太い「ハシブトガラス」です。
鳴声もハシブトガラスの方が澄んでいるらしいです。よくわかりませんが

「ハシボソガラス」


「ハシブトガラス」


コクガンとカラス同じ黒でも「天然記念物」と「嫌われ者」
カラスも良く見ると可愛いのですが、いかんせん性格が好きになれません。


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。