スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめましてヤマセミちゃん(デジ一とデジスコの比較も兼ねて)
今日は当直のため仕事の前に記事を書いてしまいます。

本日の主役は一昨日であったヤマセミです。

鳥に興味がない人でも、カワセミは聞いたことがあると思います。

そして川と言えば山です。 川セミがいるのなら山セミもいるのです。

鳥にハマるまでは私もカワセミは聞いたことはあってもヤマセミは聞いたことがありませんでした。

どうやらカワセミに比べてヤマセミは警戒心が高く出会うのが少し難しい鳥みたいでした。

カワセミと同じようにヤマセミに憧れるバーダーもいるそうで、私もいつかわ会ってみたいと思っていました。

しかし本格的に接近してヤマセミ観賞をするとなると、ヒトの姿を隠すブラインドなどが必要になると教えていただいたのですが私たちにはその根性はなさそうでしたので、あきらめていました。

そんななか、ヤマセミとの距離は数十m~100mになってしまうが私達でもなんとか見れそうな場所がありました。

2月にさっそく行ってみたのですが出会えず、一昨日ベニマシコのリベンジを兼ねてもう一度行ってきました。

前回の記事にも書いたようにベニマシコにも出会え、ヤマセミにも出会えた素晴らしい日になりました。

この時期はカワセミなどもペアでいることが多いため、もしかしたらヤマセミもペアになっているんじゃないか淡い期待をもっていきました。

ベニマシコに会ってからヤマセミポイントに向かうと、「ケッケッ」とヤマセミの声が!

自然と速足になってしまいました。 現場に着くと数人のバーダーさんがいらしてました。

カメラの先をみると100m程先にヤマセミがいました!しかもペアで!
ヤマセミも初見ですのにペアで見れるなんて幸せ者です。

距離がかなりあるので私のデジ一はトリミングあり、相方のデジスコはトリミング無しです。
デジ一かデジスコで悩んでいる方に少しでも参考になればと思います。
「ヤマセミ」
山地の渓流や湖沼にすむ翡翠類で、大きさは「ハト」と同じくらいあります。
特徴は白黒のまだら模様で、立派な冠羽があることです。

上にいるのが雌・下にいるのが雄(雄は頬のしたに赤茶の模様があります)
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
トリミング無しですとこの大きさ

大きくトリミングしてみました

相方のデジスコです。
こういう距離があるときにはデジスコは威力を発揮します。
デジスコTSN-774+EXILIM FC150


その後少し近くに来てくれました!
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(少しトリミングしています)

デジスコTSN-774+EXILIM FC150
いっちょまえに構図を考えて、引き気味で撮影。

比較のために焦点距離を延ばしてアップで撮影(四隅に若干ケラレが出ていますが、あたかも覗いているようで案外好きです)


これが一番接近したときの写真 結構近くの木にとまりました!
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(少しトリミング)

デジスコTSN-774+EXILIM FC150


何回か給餌の場面があったのですが全部茂みの中で、とても写真を撮ることは出来ませんでしたが見れただけありがたいと思います。


そして、撮影場所です。
駐車場からあるいて4、5キロの山奥です
水の色がエメラルドグリーンで凄く神秘的な場所でした!!


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。