スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしき長野 その3
注)2010年の記事です


こんにちは

今日は長野旅行2日目を振り返りたいと思います。

1日目は「アカショウビン」の鳴声のみで姿を見ることは出来ませんでした。

果たして2日目は?

夜中3時過ぎの日本代表の戦いをうつらうつらしながら観戦し、終わったと同時に戸隠へ!

今回はまっすぐアカショウビンポイントへ向かうことに。

しかし鳥が現れるたびに立ち止まり、眺めるしまつ。なかなか進みません。

そんな中で嬉しい出会いがありました。

キツツキが開けたであろう巣穴をみていると綺麗な茶色い鳥が!

「ニュウナイスズメ」です!

もちろん初見!まさか出会えるとは思っていませんでしたのでビックリ

どうやらこの穴を巣にしているみたいです。

「ニュウナイスズメ雄」115種類目
林や森に生息するスズメで、街中で良く見るスズメよりは明るい色で頬に黒斑がないことが特徴です。
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

デジスコTSN-774+EXILIM FC150


「ニュウナイスズメ雌」雌は雄よりも薄く眉斑が白くて太いみたいです。
デジスコTSN-774+EXILIM FC150



残念ながら子供の姿は見ることが出来なかったが大満足。
これだけで戸隠に来たかいがありました!

さらに嬉しい出会いがありました。
ニュウナイスズメを撮りまくっている時にふと後ろの森を眺めると、一匹の鳥が飛び出してきて、目の前の枝に止まりました。
逆光で姿がよく見えませんし、ニュウナイスズメを撮りたかったので、無視しようかとも思いましたが、一応ファインダーを覗くと・・・
「コムクドリ」ちゃん!!
実は春先にコムクドリという鳥が渡ってくるとことを知って、あまりの可愛さに是非見てみたいと思っていた鳥なのでした。(特に相方がお気に入りの鳥です)
何度か近所の公園を探したのですが、見つからず今年は諦めていたのにまさかまさかのご対面!!
相方はニュウナイスズメに夢中で気づいていないようなので、声をかけるとニュウナイスズメそっちのけでコムクドリへ以降です。
あまり落ち着きが無く、体を上下に揺らし始めたので、いつ飛んでいってしまうのかヒヤヒヤものでした。
結局枝に止まっていた時間は1~2分。
「コムクドリ」116種類
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM


デジスコは時間がかかるのですが、なんとか2回ほどシャッターを切れたみたいです。
デジスコTSN-774+EXILIM FC150

いや~思った以上に綺麗で可愛い鳥でした。また来年会いましょう!

これで心おきなくアカショウビンの所へ!
しばらく歩いてポイントに着くと、昨日とは打って変わって数人のバーダーが集まっています!
こりゃ期待できるとドキドキ。
が、話を聞くと今日は姿はおろか鳴声すらしないとのこと・・・
がっがし。人だかりが苦手な私達はもう一つのポイントへ。
ここはヒトがいなくて落ち着いて待てそうです。
この日は午後から用事があったので、待てる時間は1~2時間だけ!
祈るような気持ちで待っているとこれまた嬉しい出会いが。
「コルリ」です。
ルリビタキ・オオルリと並んで、幸せの3大青い鳥に数えられる鳥です。
この子もまさか出会えるとは思ってもいませんでしたので感動です。
しかしかなり遠く、またうす暗くて光の向きもよろしくありません。
どうやらこの時期になると戸隠ではコルリは森の奥へ移動しあまり姿を見せなくなるそうです。

「コルリ」117種類目
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

遠い!しかも青色が全然でてません・・・
デジスコTSN-774+EXILIM FC150


緑を重ねて森の中ってイメージがわく写真になりましたが、デジスコでも青色はでません・・・

思い切ってシルエットだけのこんな写真も撮っていたみたいです。私はなかなか好きな写真です。

結局アカショウビンは姿を見せてはくれませんでした・・・

でもこんなに沢山の鳥達に出会えたことは非常に有意義な鳥見になりました!!
スポンサーサイト


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。