スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛すべき我が相棒(7D、EF100-400、TSN774)
お待たせしました。(誰も待ってないって?)
今日はカメラ・レンズ・デジスコについて書きたいと思います。

2009年12月中旬に、はじめて大和市泉の森という場所に行き、カワセミとミソサザイという野鳥に会うことができました。みなさん大砲のようなレンズを三脚にたてて撮影していました。

人見知りな私達ですが、挨拶をすると、みなさん気さくに話しかけてくれ、素晴らしい写真を沢山みせてくださいました。 こんな写真が撮りたい!! 撮ってやる~

が、私の装備はいつもと同じKissX2と55-250mmレンズ、相方はNIKONのモナークXという双眼鏡(実は前回の記事で書いた東京港野鳥公園の前に買ったのでした)。

双眼鏡はかなり優秀で大満足、しかしレンズの望遠が足りなさ過ぎて豆粒なような写真ばかり・・・

もう我慢ならない! レンズを買ってやる!

ってなことで、その日は、昼に切り上げてさっそくレンズを調べ始めました。


調べ始めるまで全くのど素人であるため、カメラ・レンズ用語が全く分からず、ただ望遠を買えばいいだけだと思ってました。

ここで、私が学んだことを簡単にまとめていきたいと思います。
これから野鳥を撮りたい!!と熱い闘志を燃やしている方々のお役にたてばと思います。

まず、
野鳥撮影の機材には大きく分けて2種類ある。(ほんとはもっとあるがこれが主流)
①一眼レフカメラに望遠レンズ
②フィールドスコープにコンパクトデジタルカメラをくっつけたもの(通称デジスコ)

撮影方法は2つ。
①手持ち撮影(機動力は高いが、手ぶれに注意)
②三脚を使用して撮影(ブレなく撮れるが、機動力にかける)

私は一眼レフは持っており(相方が買ったものだが)、自分で散策しながら撮影したいので両方①という選択を中心に調べ始めました。

分かったことはレンズの焦点距離は500mm以上でかつ明るい単焦点レンズが必要だということ。
分かったけど意味は分かりません。

焦点距離:数値が大きいほど遠くの物を大きく写せる(望遠)、小さいほど広い範囲を撮影できる(広角)。

明るさ:F値と呼ばれ、数値が小さいほど明るいレンズで暗い場所での撮影も可能になる。ただし、F値が小さい(明るい)レンズほどより多くの光を取り込むために大きくなってしまい、望遠になるほど(焦点距離が大きいほど)バカでかくなってしまい値段もとんでもないことになる。

単焦点:焦点距離が固定されているレンズ、反対にズームレンズというものがあり、こちらは焦点距離が動かせるレンズ(私が使っていたレンズ55-250mmはズームレンズ、55-250mmの焦点距離を選べる)。焦点距離が動かせるため色々な用途に使えるが、単焦点のほうが写りがよい。

ふむふむ、よくわかった。カメラがCANONだから、レンズもCANONがいいやね。
ちなみにCANONにはLレンズ(白レンズ)と呼ばれる写りに定評のあるレンズがあるらしい。

それじゃ候補はこれだ!!
EF500mm F4L IS USM(通称ゴーヨン) 質量:3,870g  980,000円
EF600mm F4L IS USM(通称ロクヨン・ゲーム機じゃないよ) 質量:5,360g  1,290,000円

無理!! 重すぎる、長時間の手持ちは絶対無理。それに高すぎる。車が買えます。
しかし写りは最高みたいなので、三脚撮影・お金に余裕のある方はいいかもしれません。
憧れのレンズです。


それじゃ次はこれだ!
SIGMA APO150-500mm F5-6.3 質量:1,780g 123,800円
ズームレンズで少しF値が大きくCANONじゃないけど最近発売のレンズで、手ぶれ補正機能もあり、写りも綺麗みたい!
なにより安い!(安くはないけど、上のに比べたらね)
手持ちで撮影している人もいるし、シ・グ・マに決めた♪

さっそく当直明けにヨドバシへ
思ったよりデカイ、でもかっこいい、これが欲しい、買っちゃおうかな。
とりあえずHEROSにでてくるサイラー似の店員さんに頼んで持たせてもらうことに。

・・・無理、重すぎる。
「いいですね!」といいながらレンズをもつ左腕は1分ともたずに限界突破


こうなったらもう少し焦点距離を落として探してみよう。

①EF400mm F2.8L IS USM(通称ヨンニッパ) 質量:5,370g 1,140,000円
②EF400mm F5.6L USM(通称シゴロ) 質量:1,250g 190,000円
③EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 質量:1,380g 260,000円
④SIGMA APO120-400mm F4.5-5.6 質量:1,640g 104,700円

①は無理
②は10年以上前のレンズで手ぶれ補正が付いてない
③も10年以上前でズームレンズ、値段も高い
④最近のレンズで値段もお手頃だが、重さがネック

自分の理想が手持ち撮影なので、④は却下。②も手ぶれ補正がなく、腕前がないの無しでは厳しい。③かな~
②、③は3~4年前から、リニューアルの噂が絶えない代物、買った直後にリニューアルされたら泣いてしまう。

しかし欲しい時が買い替え時とどっかの家電芸人が言ってたような。なんだかんだでLレンズへの憧れが出てきてしまってるし。ボーナスも入ったし、いざゆかんヨドバシへ

結局取り寄せになったけど2日後に無事に到着。 やったぜ~ 軽い!(軽くはないけど他のに比べたらね)

購入:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM 質量:1,380g


その頃相方は・・・

デジスコに興味を持ったらしく、レンズを調べている私のところに来て、「私、デジスコ買う。」と言い放ちました。

さっそく調べてみると、フィールドスコープはNIKONかKOWAがよく、中でもKOWAのPROMINAR TSN-774という代物がいいらしい。値段は20万弱
それに付けるコンパクトカメラはCASIOの最新機種EXILIM FC150に決定!
この組み合わせのデジスコは焦点距離が1000-4000mmという超々望遠になるため三脚が必須なのです。
ピント合わせが非常にシビアでブレも起きやすい。しかしばっちり決まった時は一眼レフではとれないどアップが撮れるんです。

色々合わせて30万超え・・・

ま、機材さえあれば撮影にはほとんどお金かかんないし、長い目で見ればべね!

この夫婦は熱しやすく冷めやすい体質の持ち主のため注意が必要です。

しかし、今のところ冷める気配はなし!

ずっと続けるぞ! みなさんおうえんよろしくお願いいたします。


・・・あ、一つ忘れてました、レンズを買った撮影にいったんですけど、今度はカメラに不満が生じてしまいカメラも買うことに。

その名もCANON EOS 7D これで大砲軍団へまじっても頑張れそうです!

上から
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EOS Kiss x2+EF-S55-250mm F4-5.6 IS
TSN-774+EXILIM FC150


そして撮った写真を比較してみましょう。
多少の撮影距離の違いはあります。

カワセミ
EOS Kiss x2+EF-S55-250mm F4-5.6 IS

EOS Kiss x2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

そしてデジスコTSN-774+EXILIM FC150
少し枝がかぶっておしいですけど



つづいて
ミソサザイ
尻尾が特徴のかなりかわいい鳥です。
この鳥が嫌いな人は少ないでしょう。
EOS Kiss x2+EF-S55-250mm F4-5.6 IS(トリミングしてしまいました)

EOS Kiss x2+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
ちょっと距離があり、ピントもいまいちですが
ミソサザイの得意気に岩を登っていく感じがお気に入りです


そしてデジスコTSN-774+EXILIM FC150


今までの写真よりだいぶ進化したとは思いますが、みなさんの写真にはまだほど遠いので、まだまだ頑張ってみたいです。

野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
続・欲(載せるのが恥ずかしいくらいしょっぱい写真)
東京港野鳥公園の続きです。

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm


豆粒のようなカワセミの写真を踏まえて、望遠レンズが欲しくなった私ですが、さらに欲をかきたてる出来事がありました。

それは、猛禽類の出現です。

この日はノスリ・オオタカ・そしてハイタカに遭遇したのです。

遭遇といってもノスリ・オオタカは遥か彼方の木々の中、ハイタカにいたっては私たちが観察小屋に着く直前までいたのだとか・・・

ノスリ
推定距離100m強(若干トリミング)
この距離だと、デジスコでなければ無理だろうか
どこにいるかわかりますか?


オオタカ
カラスに追われてかなり上空を飛んでいました


ハイタカ
オオタカによく似ています。
オオタカだと思って撮影しましたが、実は観察小屋で見逃していたハイタカでした。
翼を広げたときにオオタカより羽が前方に出るのが特徴みたいです。


結局この距離じゃ、望遠レンズをてにいれても大差はないと思いますが、それでも今のレンズよりも望遠のものが欲しくなる出来事でした。

そしていよいよ次回は、レンズ購入へ・・・の巻き!

野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
今日は仕事で遅くなりましたが、頑張って書いていきます。

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm

12月初旬、職場の先輩であるSHOWさんのお勧めで、東京港野鳥公園に行きました。

ここには沢山の鳥が集まり、干潟にシギ類が集まることで有名なんだとか!

駐車場の入口の段差が凄く、愛車のアテンザ(アテ吉と呼んでおります)のバンパーを破損するハプニングがあり、ションボリしながら園内へ・・・

そんなアテ吉ですが園内入口でキジバトやシジュウカラのお出迎えにあい、テンションアップ!! やっぱり自然っていいですね。

お楽しみの干潟は最後にとっておいてまずは園内散策へ

カワラヒワ
海老名市の鳥カワラヒワちゃん、黄色い羽根が素敵です。
比較的近かったので前回のしょぼしょぼ写真に比べたらいくらかましな写真が撮れました。それでも250mmのレンズじゃ物足りない。 


アオサギ
あちこちで見かける鳥でサギ類。相模川にもいたのですが、写真を撮っていなかったので出会えてよかった!
川にいるか飛んでいる姿しか見たことがなかったので、木にとまっているのが不思議な感じでした。


鳥を探しながらのんびりしていたら、干潟に潮が満ちてきてしまったらしく私たちが向かった時には干潟ではなくただの川・海になっていました・・・
もちろんシギ類の姿はなく、サギとウだけ・・・ なんてこった
仕方なくサギ・ウの群れを眺めているとすぐ目の前にずんぐりした鳥が!

イソシギ
普通に見られる鳥らしいが、はじめてみたので嬉しかった!
一生懸命土をほじくっていました。


そしてなんといってもこの日の収穫は!

カワセミ
誰しも知っている有名な鳥だが見るのは初めて!
ものすごく感動しました!がいかんせん遠い 豆粒のようです
写真もこんな、やっぱりもっと望遠レンズが欲しい!!!


今日はこの辺で寝ます。
明日はこの続きを書く予定

野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
覚醒2
ひき続き 相模川周辺の鳥

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm

トビ
もっとも普通に見られるタカ類
トビはいたるところで見かけますが、改めてみるとやっぱりかっこいい!!
さすが猛禽類
このちょこんとしまってある足がたまりません。


ダイサギ
河原に降りてみると、様々な鳥がいました。
一番綺麗で目立っていたのが白鷺の一種ダイサギ
こんなに沢山いるとは!


ユリカモメ
集団で川に浮いていました。
乗り物は乗ったことあるけど、鳥は初めて!



ちょっと注意して周りを見てみると様々な生き物がいることに気づきます。
子供のころには当たり前に見ていた景色が、大人になるにつれて見えなくなっているんです。
この感動を忘れないで行こう。

しばらくは毎日更新していくと思います。
まだまだ書いておきたいことがあるので・・・

野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援お願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
覚醒
今日も懲りずに書きます。
こんなことなら、もっと早くブログ始めれば良かったな

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm


2009年11月 相模川周辺

北海道旅行を経て、一気に野鳥に興味を抱いたアテ吉夫婦は、すぐに野鳥図鑑を買いました。
どうやら日本では約400種類の野鳥が観察できるそうなのです。 あまりの多さに大興奮!

そこで日曜日に家の近くにある相模川へ野鳥を見に行くことに。この川は出勤途中に渡るのですが、毎日トビが沢山飛んでいるのでなんとなく気になっていたのです。

アテ吉達はかなりの面倒くさがり屋で、休日はいつも、ペットのサザナミインコ達と遊ぶか、ゲームをするか、寝ているかなのです。

こんなグータラ夫婦を午前中に外へ連れ出すなんて、野鳥の魅力ははかり知れません。

しかし、仕事でもないのに、通勤路を通るのは嫌なもんですね。

到着してすぐに見つけたのはこの鳥!


ムクドリ
初めてみました。
目の周りが白くて、見たこともない鳥がいたので、興奮しながら野鳥図鑑を開くと、「普通に見られる鳥、秋冬には群れで生活をし糞害や騒音をもたらすため人気のない鳥」と・・・
結構可愛いいのにな
良く見るとあちこちにいました。こんなに近くにいるのに今まで気づかないなんて 自分の余裕のなさを痛感した日でもありました。


モズ(雄)
獲物を串刺しにする、「はやにえ」をする鳥
聞いたことはあるが、見るのは初めてで感動しました。
橋の上からの撮影で、えらく距離があったのでこんな写真しかとれませんでした(トリミングしてこの写真)


カワラヒワ
この鳥の存在をこの時知りました。
橋の上からモズを眺めていると、下の河原に黄色い動くものがいて写真を撮りました。
飛んでいるところを真上から撮ったものです、へんてこな写真ですがなんだかお気に入りなので記念に載せておきます。
その後知ったのですが、この鳥は我が町海老名の市のシンボルなのだそうです。これからもよろしくね


スズメ
みんなが知っているスズメです。
しかし普通にいすぎてじっくり見たことのある方は少ないのでは?
アテ吉もその一人でした。
こんな角度からスズメを見るのも新鮮だと思います。




ホオジロ
藪の中でガサガサ動いている鳥がいたのでパシャリ
ホオジロという鳥だそうです。
こんな鳥がいるなんてほんと人生損してました。
相変わらずのカメラ初心者なのでピントが合ってませんが、撮れたことに感謝



今日も続く・・・

野鳥ランキングに参加しています
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
さらなる目覚め の続き3
ついにこんな時間になってしまった
明日も仕事なのでこれにて終了!

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm


朝5時過ぎの釧路湿原(カヌーで湿原を行く!!)

はっきりいってここはただただ凄いの一言。
また、ここでの野鳥との出会いによって一気に鳥撮りへ引き込まれることに・・・

アカゲラ
北海道にくるまでは日本にキツツキがいるとは思ってもみなかった。
朝焼けの仲、きつつき独特の動き、鮮やかな色合い全てが新鮮でした。
距離が遠くて今持っているレンズの限界に気付かされる
もっと大きく綺麗に撮りたい!!

オジロワシ(絶滅危惧種IB類)
これもまた北海道にくるまで日本でトビ以外のワシ・タカ類を見れるとは思わなかった。
つがいで私たちを迎えてくれました。


タンチョウ
念願のタンチョウです。もしかしたら見れないかもと言われていたのでほんとに嬉しかった。
写真を撮ろうと思ったら飛び立ってしまったのでブレブレのひどい写真なのでそれが唯一の悔い
また、この出来事からカメラ任せのフルオートでは駄目なのでは?と気付き始める



朝焼けの釧路湿原
タンチョウの鳴声がたまらなく神秘的でした。また行きたいな



野鳥ランキングに参加しています
ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
さらなる目覚め の続き2
しつこいようですが北海道の続きです、

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm

ハイイロウソ(雄)?、(もしくはウソの雌?)
この鳥は木に隠れながら大接近で撮ることができました。
撮っている時はなんの種類か分かりませんでしたが、後日図鑑で調べてみたところウソという種類の鳥の雌ではないかと思ったのでしたがいまいち確信が持てなかったので、あるところで質問したところ、これはハイイロウソの雄ではないかとの意見があり未だはっきりしていません。ハイイロウソとはウソの亜種で日本ではまだ確認された記録がないようです。まさかそんな珍鳥の可能性があるとは・・・ もっと写真に納めておけばよかったな というわけで?をつけております。


シジュウカラガン
これもまた、何気なくカモの一種だと思ってとったのですが
シジュウカラガンという日本では珍しい冬鳥みたいです。
これはなかなか綺麗に撮れていました。


ハクチョウ(野鳥図鑑には載っていないので、ハクチョウは野鳥ではないのか?)
   ↑
オオハクチョウでした。(2011年3月9日訂正 この頃は無知でした・・・)
ハクチョウもまじまじ見たのはこれが初めてかも
体が真っ白でうまく撮ることができてなかったです(こういうのを白飛びというそうです)


北海道の紅葉



なんとまだ続く

野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


さらなる目覚め の続き
引き続き、北海道(知床~釧路)

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm

阿寒湖周辺に移ります

ノビタキ(雌)
この頃になるとなんとなく鳥を見つけると写真をとるようになる。
茶色くて地味だと思ったがスズメではないなと思ったのでパチリ
どうやら雄は綺麗らしい、いずれは雄を撮りたいもんだ。

コガラ
シジュウカラだと思っていたらコガラという鳥でした。
シジュウカラとは模様が全然違いました・・・

ハシブトガラ
これもシジュウカラだと思って撮っていました。
どうやら上のコガラに非常によく似たハシブトガラといい、比較的珍しいようだ。
コガラよりハシブトガラの方が頭に光沢があるらしいが、野外での区別は不可能に近いらしい。
はっきり言って、どちらも同じに見えるし実はコガラなんじゃないかと思うが、心の目でみると若干頭に光沢があるように見えなくもない。 ・・・いや、光沢がある! ハシブトガラに違いない



冬支度するエゾリス

まりもで有名な阿寒湖

時間によって湖の色が変わるオンネトー


さらに続く

野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
さらなる目覚め
まだまだ野鳥の写真があるので、あきないうちにどんどこ書きます。

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2(相方が買ったもの)
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm

続いては、2009年10月北海道(知床~釧路)

小笠原に行ってからアテ吉夫婦は世界自然遺産にはまり、タンチョウを見てみたいこともあって次は知床に行きました。

ちなみ7月にサザナミインコ(ぽーちゃん)を家族に迎えてから、なんとなく鳥に興味を持ち始めましたがまだまだ気になる程度です。

相変わらずカメラの知識も全くなく、デジ一(デジタル一眼レフ)を使えば全てばっちり撮れるものだと思ってました。もちろんなにもかもオート設定、アテ吉はただシャッターを押すだけの存在

ウミウ
知床クルーズ中の激しい船酔いのため相方が撮影
海にウがいることを初めて知りました.

ワシカモメ
同じく相方が撮影、ただのカモメだと思っていたらワシカモメっていうらしい・・・ 奥が深い

ゴジュウカラ
北海道にはキツツキ類が多くいるそうなのでてっきりキツツキの仲間かと思っていました。
しかもこの写真じゃ何が何だかわからないけどこれしかないので・・・


お世話になったカシオペア号

知床の夕焼け

船酔いであまり覚えていない知床岬

増えすぎて困っているエゾジカ

衝撃が走ったシャケいくら丼


また続く・・・

野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
目覚め の続き
それでは小笠原での野鳥記録の続きです。

使用機材
カメラ:CANON EOS Kiss×2(相方が買ったもの)
レンズ:付属のズームキットレンズ、EF-S55-250mm

キョウジョシギ
可愛かったし珍しそうだったのでとりあえず撮ってみた。
旅鳥として海岸に飛来する普通のシギ類らしい

ムナグロ&コバシチドリ
変わった模様の鳥がいるから撮ってみた。
胸が黒いのがムナグロ(わかりやすい!)
その横におる茶色い地味なのがコバシチドリというらしい
家に帰って調べてみたら意外な事実が・・・
ムナグロは大して珍しくもないらしいが、付属していたコバシチドリという鳥がきわめてまれな旅鳥で
太いハチマキのような眉斑(目の上の模様)が特徴の珍鳥とのこと。ムナグロと行動をともにすることがあり、これまでに十数回の観察例があるにすぎないとか! なんてこった、もっとしっかり撮るんだった 
・・・無知って怖い


と、この時は野鳥にさほど関心がなかったアテ吉でした。

おがさわら丸 通称おが丸

入島が規制されている南島

世界一綺麗ともいわれるジニービーチ、今はシーカヤックでしか行けません(激しい筋肉痛になりました)

父島


野鳥ランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。