スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオルリ(リベンジ)とコウモリちゃん
こんばんわ

ついにゴールデンウィークに突入ですね!

残念ながら私は3、4、5の3連休なのです・・・ ちぇっ

それでも楽しみです! ちょっと疲れ気味ですので鳥見は1日行ってあとは休もうか悩み中です。

さて、今日は一昨日撮ったオオルリとコウモリの写真を載せたいと思います。

先日初めて出会ったオオルリは距離が遠く私のデジ一ではちょっと厳しかったのでもう少し近くで撮りたいと思っていました。

そんな矢先にこの出会いがありました。

距離は数メートル、ヒトに対してあまり警戒していないようでした。

まさか餌付けでもされているんじゃ・・・と思ってしまいました。

「オオルリ」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
新緑とオオルリの綺麗な青色が神秘てきでした。


ちょっと警戒して尾っぽを上げました、ミソサザイみたいな格好です!


デジスコTSN-774+EXILIM FC150
反対にデジスコではこの距離だと少し近すぎるようです。



そして、この日一番尾ビックリした出来事は真昼間に「コウモリ」が飛んでいたことです。
普段は夕方にしか見ることが出来ないのに、とても驚きました。
なんだか、不思議な光景で、貴重な体験をしました。
コウモリは蝶のようにヒラヒラと飛び蝶より素早いのでこれが精一杯でした。
「コウモリ」


鳥ではないけど仲間に入れてあげてね!

野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
はじめまして夏鳥ちゃん(キビタキ)
今日は前回予告しましたように、日曜に撮った夏鳥「キビタキ」を紹介します。

今までは夏鳥の代表といえば「ツバメ」でしたが、鳥見の世界では「オオルリ」と「キビタキ」になるのでしょうか?

「オオルリ」は非常に綺麗な声と青色の体が特徴で、「キビタキ」は黒い体に黄色い模様のこれまた綺麗な鳥なのです。

私は黒色と黄色という組み合わせが凄く好きなので、夏鳥で一番見たかったのはこの「キビタキ」なのでした!

先週の土曜に「オオルリ」「クロツグミ」に出会い日曜に「キビタキ」と出会えるなんてとても運が良かったと感じました。

その日は午前中に「ぽー」「いくら」を病院に連れて行ったため、鳥見は12時頃からと遅くなってしまいました。
13時からは自然観察会が始まってしまうため、1時間の時間制限つきの鳥見になりました。
また昼は鳥の出も悪く全然鳥と出会える気配もないため、半ばあきらめかけて帰る途中、遠くで小さいものが地面から枝にジャンプするのが見えました。
スズメかメジロかなと思いながらもカメラで覗くと憧れの「キビタキ」ちゃんでした!
急いで相方に声をかけ、2人とも無我夢中でパシャリパシャリ。(周りには誰もいなかったため2人占めでした)

しかし「キビタキ」も前回の「クロツグミ」同様距離が遠くちょっと厳しい撮影になりました。

「キビタキ」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
非常に綺麗な黄色ですが、実際目で見ると景色に溶け込んでしまい見つけるのが難しいと感じました。


枝ではかく幹に止まりました!しかしピントがいまいち・・・


デジスコTSN-774+EXILIM FC150
枝かぶりでピントもいまいちですが、この黄色い稲妻のような眉!お気に入りの写真です。




思っていた以上に綺麗な鳥でほんと感動しました。
また会いたいものです。

野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

はじめまして夏鳥ちゃん(クロツグミ)
こんばんわ

今日は雨で寒いですね。

今回は、前回話した「クロツグミ」についてです。

夏鳥を探しに宮ヶ瀬までいき初めて出会った夏鳥が「クロツグミ」でした!

その日は鳥の出が悪く、出会う人みな「今日はダメだ」と諦めて帰っていくばかり。

そんな中、以前「ベニマシコ」と出会ったポイントにいくと、遥か前方に黒い物体が動いたように見えたので、カメラで覗くとなんだか鳥のように見えました。

はじめは後ろ姿でお尻しか見えず、黒っぽい鳥らしきものとしか判別がつかなかったのですが、その後横を向き「クロツグミ」だということが分かりました。

他のカメラマンさんが何かを撮っているところにお邪魔して撮影したりすることも多いのですが、やはり自分で見つけるということは大変嬉しいことですね。それがどんなに遠くても!

肉眼では黒い小さな塊にしかみえず、望遠レンズを用いてなんとか判別できる距離でした。

「クロツグミ」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

遠いです・・・
せっかくなので、荒くなっても大トリミングしてみました。



そして、いつものデジスコなのですが、準備が間に合いませんでした・・・
クロツグミちゃんはゆっくりと奥に歩いて行き、大きな声で囀りを聞かせてくれました。

この囀りをきいて仰天したのですが、「クロツグミ」の囀りと「ガビチョウ」の囀りはそっくりなのです。ほとんど区別がつきません。

しばらくすると、外国の方と日本人の2人組がいらしたので、囀りの話をすると、その方も「クロツグミ」と「ガビチョウ」の囀りは区別がつかないとおっしゃってました。

この外国の方は南アフリカで鳥のガイドをされている方で、日本に鳥見に来ているそうです。
デジスコに興味があるらしく私達の愛機であるデジスコの写真を撮っていました!
そして日本人のかたもガイドをしているらしく鳥にすごく詳しかったです(あたりまえですね・・・)

その後もしばらくは一緒に鳥見をし、「イカル」が現れたときは、「オ~ ファンタスティック!!」と大変喜んでいました!なんだかこっちまで嬉しくなってしまい、とても素敵な一日になりました。

次回は夏鳥第3段で「キビタキ」をお送りする予定です。

野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

はじめまして夏鳥ちゃん(オオルリ)
ついにこの季節がやってきました!

それは夏鳥の季節です。

私は冬に鳥見にはまりましたので、ツバメ以外の夏鳥というのをまだ見たことがないのです。

冬とは違い、木々が生い茂るこの季節は鳥を探すのは難しくなるそうで、心配でしたがずっとこの時を待っていました!

先週、夏鳥が来ていないか探しに行きましたが結果はダメ(カルガモの写真のみ)、今週は昨日今日と2連休でしたので夏鳥を探しに行ってきました。

昨日は八王子のほうまで行こうと思っていましたが、姉夫婦が来ること(お寿司を食べに行きました)と、予想以上に疲れがたまっていたことにより、もう少し近場の宮ヶ瀬に行ってきました。

もう少しすると宮ヶ瀬周辺には「ヤマビル」が大量に出てくるため、今しかチャンスがありません!

朝8時半に到着し、いざ出発!

入口から「キセキレイ」や「ホオジロ」が出迎えてくれるなど幸先よいスタートです。

「キセキレイ」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
いつも地面にいるのに枝に止まっており不思議な気がしました。



しかしその後はウグイスとガビチョウの囀りばかり、たまに「ヤブサメ」「センダイムシクイ」の鳴声がするのですが姿は見せず。

出会う方みなが、「今日はダメだよ」、「今日はなんもいない」と早々に帰って行きます。

とりあえず2キロほど歩いて、休憩。
ここは以前「ベニマシコ」がいたポイント、しかし誰もいません。
今日はダメかと諦めそうになったとき、遠くの地面に「クロツグミ」を発見!!
初夏鳥となりました!
この時の様子はまた後日(いかんせんネタが乏しいので小分けにします・・・ すみません)
ちなみに非常に遠く綺麗な写真ではありません。

この「クロツグミ」が私達に元気をくれました!ありがと~

その後ヤマセミポイントまで歩くが、釣り人多数でヤマセミも夏鳥もだめ。

しかしそこで出会ったかたからオオルリがいた場所を教えていただき、さらに奥まで移動です。

すると、今まで聞いたことない囀りが!オオルリちゃんです!

オオルリは「ウグイス」「コマドリ」と並んで日本三鳴鳥と言われるほどの美声であると言われています。
確かに綺麗な声で囀っていましたが、ウグイスには美声・声量共に負けていました。

が、姿はオオルリの圧勝です。

「オオルリ雄」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM



お腹をカキカキ!なんだか競技用自転車のヘルメットを被っているみたいです。


そしてデジスコ


ここまで望遠にするとケラレがでて、かつピント調節も厳しくピンボケしてしまいました。


ほんとに樹のてっぺんなど高い所で囀ることが多かったです。
この写真は距離はありましたが、ほぼ同じ目線にいてくれたのでラッキーでした!

長々だらだらブログを見て下さって

ありがとうございました。


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
桜と一緒
さて今日は仕事が早く終わり、しかも明日明後日とお休みなのです。

しかも、「いくら」の風切り羽が少しずつはえ始めており、今日は少しだけ浮くこと(地面から数センチ浮き上がった)が出来ました~

ですのでなんだか幸せな気分です。

そんな幸せな気分ですので、少し爽やかな写真を載せたくて探すとこんなのが出てきました。

「ヒヨドリ」


そうです、みなさんの「桜と鳥」の写真をみて自分も撮りたいと思いチャレンジしたのです・・・
しかし、ヒヨドリしか現れずしかも、自分の思ってたような写真が撮れずに封印したのでした。でも恥を忍んで載せちゃいます。

続いて、スズメでリベンジです。
「スズメ」


ヒヨドリよりは綺麗に撮れましたが、なんだかいまいちです。
う~ん難しいです

そして、先日の「ウグイスの囀り」を撮ったときにシメが近くの桜に来てくれましたのでパシャリ
「シメ」



う~ん、目が逝っています・・・
近いし綺麗に撮れたのに花がほとんどなかったです・・・
苦し紛れに、これは「葉桜とシメ」ということにしてしまおう
それにしても、「シメ」は相変わらず怖いです。
余談ですが「シメ」は夏になると嘴が鉛色になるそうです。この子も鉛色になってきていました。

そしてこれはなんの鳥かよくわかりませんでした。
アオジかな?

これにいたっては、ほぼ葉だけです

明日は遠出しようかと思いましたが近場にします。
姉夫婦が実家に遊びに来るそうなので、私達も実家に行きたいと思います。どうやらお寿司を食べに行くみたいなので便乗してきます。

野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
春ですね~
昨日は仕事が夕方からだったため、午前中は近くの公園に行って鳥見をしきました。

目当ては「ツバメ」でした。

しかし、早起きしたにも関わらず、ツバメはいませんでした・・・

普段はあちこちで飛んでいるのになんで?

仕方ないので、川に接している藪周辺をあるいていると、いたるところから「ウグイス」や「コジュケイ」の囀りが聞こえてきます。

以前にも書きましたが、「ウグイス」は囀りはよく聞くが、姿を見たことのある人は少ない鳥です。

色もウグイス色(メジロの色)ではなくただの緑茶色で、基本姿を見せてくれません。

昨日も声を頼りに探してみるもなかなか見つけられません。

ウグイスの囀りはほんと大音量で、すぐ目の前で鳴いていると思っても、実際にはかなり遠くで囀っていることが多いです。

1時間ほど気配を殺しながらブラブラしているとウグイスが見晴らしの良い場所に出てきてくれました。 

「ウグイス雄」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
距離はかなりありましたが、滅多にないチャンスなのでパシャリ


さてここからは「ホーホケキョ」と囀っている瞬間の写真です。
全身を使って囀っていました。この腹式呼吸は凄いですね。小さな体からあんな大きくて綺麗な声が出る理由が分かりました。



この囀りを一日千回も繰り返すと言われているそうです。
ほんとこの子達野生の力には驚かされます。

しかも絶えずちょこまかと動いていました。
途中で、ナメクジみたいな虫を見つけてお食事

その後は疲れたのか、枝に体を下ろしこの体勢のまま囀っていました。


そして、ウグイスの「踏ん張りバード」写真です



そうこうしてるうちにウグイスにの囀りにも負けないくらい大きくて綺麗な声が響き渡ったので、ついに夏鳥が来たのかと胸が躍り、声を頼りに探しました。

そしてそして、ついに見つけました!

やったっぜ、「ガビチョウ」ゲットだぜ~!!
・・・「ガビチョウ」は外来種として問題になっている鳥です。
野鳥としても認められていません・・・
まさか、こんな綺麗な声で鳴くなんて・・・
ひとつ勉強になりました。
国が認めていまいが、野生で立派に生きていますけど?なにか?

この扁平な嘴がヒトをおちょくっているようですが、この子も必死で生きています。

さて、今回の当直はかなり忙しかったため、そろそろ寝ます。おやすみなさい


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

双子ですか?
こんばんは

明日は当直で夕方出勤のため、今日はゆっくり寝れそうです!

今日はツグミ科である「シロハラ」と「アカハラ」の紹介です。

姿かたちはほんとそっくりなお二人さんなのです。

違うのはお腹色。

名前の通り、「シロハラ」はお腹が白く、「アカハラ」はお腹が赤いのです。

両方ツグミ科らしく地面にいることが多く、落ち葉のガサガサする音が聞こえたら、猫かキジバトかこの子達かというくらい地面にいます。

写真はどちらも2月に撮った写真です。

「シロハラ」
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
水辺で土をほじくっていました。なにかいたのかな?

この子は違う個体、枝に止まっていたのでパシャリ

デジスコTSN-774+EXILIM FC150
足が、手前にある枝にそっくりです。鱗のある鳥の足とは思えません。


「アカハラ」
みなさんアカハラを普通に撮ってるいるみたいですけど、なかなか出合えませんでした。
会えたのはこの一回きり、しかもこんなワシャワシャした場所でした。


ちなみにこのおふた方は夏鳥ではなく冬鳥です。

今週末は土日と連休ですので、夏鳥を探しに行きたいと思います。

晴れるといいな

野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
出会いと別れ
ヒトの世界で、春とは新しい出会いがある反面お別れの季節でもあります。

野鳥の世界でも4月は夏鳥がやってくる季節でもあり、冬鳥が旅立ってしまう季節でもあります。

しかし、季節に関係なく一年中身近に存在するカモの紹介です。

その名は

「カルガモ」

ごくありふれたカモなのですが、良く見るとかなり可愛い顔をしています。

今日は久々の休みでしたので、午後から近場へ鳥見に行ってきました。

目当ては夏鳥でした。

私は去年の冬に野鳥に目覚めたため、夏鳥を見たことがありません。

やっとこの季節になりました。

しかし、いざ行ってみると夏鳥はおろかほとんど鳥の姿がありませんでした

昨日は「オオルリ」が姿を見せ、今日の午前中は「キビタキ」が見られたそうです・・・

残念・・・ なんで週休2日じゃないんだと嘆いていると「カルガモ」のペアが楽しそうに水浴びをしていました。

いままで撮ったカモ類の写真は「ただ水に浮いているカモ」を撮っていましたので、動きのある写真が撮りたいと常々思っていましたので大チャンス到来です。

その時の写真

「カルガモ」
カモ類では珍しく、一年を通して雌雄同色のカモ
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
どうやら今日は元気のない私達に沢山サービスしてくれるそうです。
「う~!!」

「どうだ~,!」

「イナバウワ~」


「勢い余って一回転してしまったではないか!!」


・・・お粗末さまでした。

そしてこれが動きのない写真(でも、これが一番カモらしい写真ですよね)
「コガモ」
カルガモより一回り小さい冬鳥です。
もうすぐいなくなってしまうのでしょうか。
小さいため、よくカモの赤ちゃんと間違えられます。
「コガモ雄」

「コガモ雌」


そしてここからが今日の本題、出会いと別れの話。

昨日は、社会人になってはじめて買った車とのお別れでした。

この車は、7年前社会人1年目のときに一目ぼれして買った車です。

私好みに色々手を加えたのでとっても思い入れのある車です。

車高が低いため、行けないところが沢山あったね!

辛い時も、楽しい時もつねに一緒でした。

辛い時は一人ドライブに出かけ、どんなに助けられたことか。

それが昨日でお別れとなりました。

いままでありがとうねアテ吉!!(我が愛車の名前です)

そして、新しく我が家の一員になるのはこの子

ジープ・パトリオット

親ばかですが、この子も一目ぼれです。かっこ可愛い!
これから、よろしくね!!

アテ吉最後の写真です。
左がパトリオット 右がアテ吉


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
身も凍る・・・
今日は春とは思えない寒さの神奈川です。

箱根では雪が降ったそうです、これも温暖化による異常気象なのでしょうか。

寒いのは苦手ですが、この鳥達は別のようです。

今日と同じくらい寒い1、2月に撮った写真を載せます。


真冬なのに気持ちよさそうに水浴びをしていた「カワラヒワ」。
EOS 7D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

あ~すっきり!!


デジスコTSN-774+EXILIM FC150
早すぎて残像が・・・

ん?なにか問題でも?



そしてお次は「マガモ」
凍っている池の上にマガモがやってきました!
足寒くないの?

この羽毛のテカリ具合!

そしてクルンと巻いた尾っぽ

まさしく「飴細工」のようです!

おまけ
「ぽー」


「いくら」


流しで水浴びするのが大好きな「ぽー」「いくら」でした。


野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
mini御柱(続き)
こんばんわ

前回の記事は相方のデジスコとコンデジの写真でした。

今回は私のカメラで撮った写真です。

御柱祭の時にはこのデジ一は持っていけませんでしたので、御柱の前に行った鳥見の話です。

前回言いましたように、訪れた湖はアルプスを見渡せる素晴らしい所でしたが、大変寂れていました・・・ しかし野鳥・虫にとってはいい環境でありました。



いかに寂れているかと言いますと・・・

ベンチにコケがびっしりです。なんだか毛蟹みたいになています。

ヒトが訪れないということは、鳥達もヒトに馴れていなく非常に警戒心が高かったです。
こっちでの公園では近くで撮らせてくれるカモ達もここでは200m離れたところから・・・
「キンクロハジロ」


まったく近づけないので、しかたなく湖畔をのんびり散策していると、前方の茂みからオシドリのペアが飛び出してきました。この時がオシドリの初見でした。

雄は顔が写っていません。ピントも甘々ですが記念ですので!

その後上空をノスリが飛んでいたのでパシャリ



湖畔の周りにカワラヒワがいたので一応撮ってみました。
んで、先ほど写真を取り込んで見るとカワラヒワではなく、「ベニマシコ雄」でした・・・
なんてこった・・・
てっきり「カワラヒワ」だと思っていたので、こんな遠くから撮ったこの一枚しかありません。ちゃんと観察しておけば・・・


鳥があまりいないので、近くにいた虫を撮ってみました。
背中に綺麗な青い毛が生えた蝶?蛾?

最近見かけなくなった「糸トンボ」の仲間


今回初めて「ふきのとう」を見ました


なんだか、虫も花も綺麗に撮るって難しいですね。
う~む、やっぱり写真って難しい・・・

なんだかダラダラ写真を載せてしまい重い記事にってしまいました・・・

野鳥ランキングに参加しています。
↓ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。