スズメの寝床2
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道で鳥見旅行(2日目)⑧
湖畔を抜けると、湿原にでます。

ここが広いんです。 湿原の中を木道が通っており、散策出来ます。

しかし、日差しを遮るものもないですので暑いです。


しかもこの日はかなりの強風で、鳥達がほとんど出ませんでした。

数キロ歩きやっとこ見つけたのは

「ノビタキ」
遠いです
EOS 7D+EF400mm F4 DO

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


湿原も終わりかけたころやっとこ姿を見せてくれました。

「ツメナガセキレイ」
冬羽はみたことありますが夏羽は初めてです。
EOS 7D+EF400mm F4 DO



Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM







湿原も終わり、林の中へ戻る途中

「ノゴマ」
やっぱり遠い・・・
EOS 7D+EF400mm F4 DO



Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


PowerShot SX50 HS


鳥の数は少なかったですが、風が吹いていなければかなりの数がいるかもしれません。

だだっ広い湿原を歩くのは爽快でした。

次は宗谷岬を目指します。

続く
スポンサーサイト
北海道で鳥見旅行(2日目)⑦
ホテルを出て向かうはメグマ湿原

ここは稚内空港の近くにある湿原です。

数年前まではここにもシマアオジがいたそうです。

あまり有名ではありませんが、凄く広大な湿原でした。

駐車場からのメグマ湿原


ここも人影はなく、木々が生い茂り木道もところどころ老朽化していました。

しかし、自然いっぱいで面白い所でした。

駐車場から下って湿原を目指します。

入口ではノビタキやコヨシキリがお出迎えです。


「コヨシキリ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO




Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM



林を抜けると、湖に到着です。

なにかいないかと眼を凝らすと、遠くに白い塊が。

双眼鏡で確認すると、種類はわかりませんがハクチョウが一羽いました。1羽で寂しそうです。

EOS 7D+EF400mm F4 DO

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


ハクチョウが気になりつつも先に進みます。

しばらく湖畔を歩くと広大な湿原にでました。


続く
北海道で鳥見旅行(2日目)⑥
今日は珍しく相方も私も当直明けでしたので先程まで2人ともぐっすり寝てました。

さて北海道旅行の続きです。

2日目のホテルでの朝食の前によった兜沼の鳥達です。

事前にネットで調べたところ兜沼はアカエリカイツブリがいるかもということでしたのでその子がお目当てです。

駐車場に着くも誰もいません。

どうやらキャンプをしている数人がいるだけのようで、のんびり散策出来ました。

ここはかなり鳥の数が多いです。

みんな子育て真っ最中です。

残念ながら沼にはアカエリカイツブリはいませんでしたが、湖畔で様々な鳥の声や姿をみかけました。


「キビタキ」

この子は数匹の青虫を加えていたのでヒナに持っていくのかなと思っていましたが、全て自分で食べてしまいました。 そして右のおなかを怪我しているようでしたが元気に飛びまわっていたので、大丈夫そうです。
EOS 7D+EF400mm F4 DO






「ニュウナイスズメ」

子育て中でした。
EOS 7D+EF400mm F4 DO

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM



「オシドリ」

沼の上空を2羽のカモが飛んでいましたので確認するとオシドリでした。
いつかはオシドリも綺麗に撮りたいです。
EOS 7D+EF400mm F4 DO



その他は、写真はないですがコムクドリ、ノビタキ、鳴声はカッコウ、ツツドリ、エゾセンニュウなど

30分ほど探鳥をし、ホテルへ戻ります。

8時半頃ホテルへ戻り、待ちに待った朝食バイキングです。

ここはあまり品数はありませんでしたが、味はなかなか美味しかったです。

しかし海鮮類はイカの刺身だけでした。 ちょっと残念。


朝食後は、温泉に入り、10時まで休憩です。

その後の予定は、お昼までは稚内空港近くのメグマ湿原で散策、宗谷岬周辺で昼食およびお土産選び、午後はベニヤ湿原という過酷スケジュールです。

この無謀さがのちに大変なことに・・・

続く
北海道で鳥見旅行(2日目)⑤
2時間ほどの鳥見を終え、駐車場へ向かう途中に出会った子達。

「コヨシキリ」259種類目
EOS 7D+EF400mm F4 DO


Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


木道の入口で
「ベニマシコ」♂
EOS 7D+EF400mm F4 DO


Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


ベニマシコは神奈川では冬鳥です。

北海道で出会う夏羽のベニマシコ♂はとても綺麗な紅色をしていると聞いていたので期待していましたが、ここで出会った子は、♀と、ほんのりピンク色の♂でした。

次に出会う子に期待しましょう。

7時にサロベツを出発し、ホテルへ戻る途中少しだけ、兜沼というところに寄ってみました。

続く
北海道で鳥見旅行(2日目)④
風が強いせいか、シマアオジも囀りを止め、草むらの中へ消えていきその後姿を見ることは出来ませんでした。

風が強く鳥達もあまり姿を見せてくれませんが、そんな中相方が見つけてくれました。

遠いですが

「ノゴマ」258種類目

EOS 7D+EF400mm F4 DO


Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM



そして

「ノビタキ」

EOS 7D+EF400mm F4 DO



Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM



続く
北海道で鳥見旅行(2日目)③
オオジュリン、オオジシギを観察しながらしばらく待っていると、どこからともなくシマアオジの囀りが!

昨日よりも近くでみることができましたが、写真はいまいちでした。

「シマアオジ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO



Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM




そして遠くの方でチュウヒが悠々と飛んでいました。

「チュウヒ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO


続く
北海道で鳥見旅行(2日目)②
オオジシギ、ホオアカに出会った後、AM5:00にサロベツ湿原センターに到着です。

とりあえず、ホテルの朝食に間に合う時間まで2時間ほど鳥見をします。

昨日シマアオジに出会った場所までいくと、すでに数人の方がいました。 みなさん何時に来ているのでしょうか?

この日は風がとても強く、なかなか鳥が出てきてくれません。

そんな中、よく出てきてくれたのがこの子



「オオジュリン」
こんなに綺麗な夏羽のオオジュリンをみたのは初めてで感動しました。

オオジュリン♂
EOS 7D+EF400mm F4 DO




Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
オオジュリン♂


可愛いおしり

オオジュリン♀





そして、空を見上げるとズビャークズビャークとオオジシギが数羽ほどディスプレイ飛行をしていました。

「オオジシギ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO


続く
北海道で鳥見旅行(2日目)①
北海道の日の出は早く、確かこの時期の日の出時間はAM3時45分前後だったと思います。

ですので2日目の朝、疲れた体に鞭を打ちAM3時半に起床しホテルの朝食時間までサロベツに行くことにしました。

すでに外は明るいです。


スッカスカのまっすぐな道路を快調に進んでいくと、相方が道路脇にいるシギを見つけました。


車をUターンさせ確認です。



「オオジシギ」256種類目

ズビャークズビャークと独特なディスプレイ飛行をする鳥です。


EOS 7D+EF400mm F4 DO



Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM
可愛い佇まい!




PowerShot SX50 HS


あとは、湿原でズビャークが聞けたら最高です。


そして相方はいつの間にかこの鳥も撮っていました。


「ホオアカ」257種類目

Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


いたなら教えてよ~!

相方曰く、一瞬だったため教えることが出来なかったみたいです。


幸先よい鳥見になりました。 気分よくサロベツ湿原へ向かいます。

続く

さてさて、今日はこれから日帰り出張です。
北海道で鳥見旅行(1日目)①
こんばんは

先日ちょっと早い夏休みを頂き

6月29(土)~7月6日(土)まで7泊8日の北海道旅行に行ってきました。

年に一度の贅沢旅行です。 その代りこの2週間休みなしです・・・

なぜ北海道にしたかと言いますと、福島のアクアマリン水族館で出会い一目ぼれしたエトピリカに会いたいというのが動機でした。 

そして北海道の鳥を調べているうちに、シマアオジ、ギンザンマシコ、クマゲラ、シマフクロウなども見てみたいと思い、稚内から根室までの大移動旅行を企てたのです。

今回の日程は

6月29日:稚内サロベツ湿原でシマアオジ
   宿泊:稚内グランドホテル

6月30日:稚内サロベツ湿原でシマアオジ、オオジシギ、アカエリカイツブリ
   宿泊:天北の湯 ドーミーイン稚内

7月1日:稚内サロベツ湿原でシマアオジ、オオジシギ、アカエリカイツブリ
   宿泊:天北の湯 ドーミーイン稚内

7月2日:朱鞠内湖湖畔でクマゲラ、ヤマゲラ
   宿泊:レークハウスしゅまりない

7月3日:旭岳でギンザンマシコ
   宿泊:湯元 湧駒荘

7月4日:旭岳でギンザンマシコ、夜は養老牛温泉でシマフクロウ
  宿泊:養老温泉 藤や

7月5日:根室の落石ネイチャークルーズでエトピリカ、夜は養老牛温泉でシマフクロウ
  宿泊:養老温泉 藤や

7月6日:帰りの飛行機まで近場で探鳥、夕方神奈川の現実世界へ

という贅沢かつ無謀な計画を立てました。

私達の旅行は大抵、嵐やらなにやら起きるのですが、今回は果たして??



旅行に行く前に、相方はKissx2からKissx7にチェンジです。

私は、カメラ:EOS 7D
    レンズ:EF400mm F4 DO
         EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

相方はカメラ:Kissx7
レンズ:EF70-300mm F4-5.6L IS USM
    ネオコンデジ:PowerShot SX50 HS

デジスコはお休みです。


稚内空港に着いてすぐにレンタカーを借りに行きます。

今回は大移動ですので借りたのは

トヨタのアクアです。

よろしくね。


稚内の景色は素晴らしく、鳥の密度も濃いです。

レンタカー屋の周りにであちこちと鳥が囀っています。 ここで鳥見に夢中になりなかなか動けない2人ですが、移動に時間がかかるのを思い出し、後ろ髪を引かれながら急いでサロベツ湿原センターへ向かいます。

1時間ほど走りサロベツ湿原センターに到着し、そそくさと整備された木道を散策です。

サロベツ湿原と利尻富士です。

いや~ 花が咲き乱れ素晴らしいところです。

木道を歩いてすぐにこの子がお出迎え。

「ノビタキ」
EOS 7D+EF400mm F4 DO




Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM



この時期はみんな子育て中です。

しばらく歩くと、遠くでシマアオジの独特な囀りが聞こえてきました。

自然と速足になります。

初日は下見を予定していたのですが、あっさり見ることが出来ました。

「シマアオジ」255種類目

EOS 7D+EF400mm F4 DO


Kissx7+EF70-300mm F4-5.6L IS USM


PowerShot SX50 HS


遠いですが双眼鏡でばっちり綺麗な姿を見ることができました。

そして夜は稚内名物タコシャブです。
お通し

水タコの薄切り

着けだれ

タコシャブ

いくら丼


いくら丼はいまいちでしたが、タコシャブは絶品でした。


翌日もシマアオジを見に行きます

続く






プロフィール

atekichi

Author:atekichi
夫婦で鳥身、目指せ日本で300種



検索フォーム



最新記事



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新コメント



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最新トラックバック





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。